FC2ブログ

フリーランスな日々

実家フリーランサーです。翻訳のお仕事(メディカル分野)や、たまに日常生活について綴っています。

-- --/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事と関連する記事

スポンサーサイト

(-)TB(-)

AFTER「PDF案件をコンバートするまでの準備が大変

BEFORE「ミスしやすいWords

2016 09/19

館内のみで貸出OK

library-735074_640.jpg


書籍はもっぱら図書館でお世話になっています ← 買わない派(^_^;)

しかし、医薬分野ともなると一般書籍以外の専門書は通常取り寄せになり、そのほとんどは県内の大学図書からです。

今回も数冊借りたのですが、そのうちの1冊である「医薬品開発部員のための和英/英和・翻訳辞典」が館内のみ貸出可能ということでかなり残念


医薬品開発部員のための和英/英和・翻訳辞典

新品価格
¥5,400から
(2016/9/19 15:53時点)




予約していた書籍を取りに来ただけだったのですが、仕方なく館内で閲覧することに。

でも中身をみるとタイトル通りほぼ辞書で、最後のほうに少し例文が載ってたぐらい。
なのでパラパラめくったぐらいで、目新しい用語もなく…
ただ、これから医薬翻訳を勉強する方にはお勧めできる書籍(辞典)です。


しかしわざわざ大学から取り寄せて、しかも貸出期限も1週間と短いのに館内のみで貸出だなんて・・・
何が問題なんでしょう…・大学さま!





ランキングに参加中♪
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へにほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

この記事と関連する記事

館内のみで貸出OK

(0)TB(0)

AFTER「PDF案件をコンバートするまでの準備が大変

BEFORE「ミスしやすいWords

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。