FC2ブログ

フリーランスな日々

実家フリーランサーです。翻訳のお仕事(メディカル分野)や、たまに日常生活について綴っています。

-- --/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事と関連する記事

スポンサーサイト

(-)TB(-)

AFTER「地震で寝れなかった

BEFORE「「登録だけ~」の翻訳会社におさらば

2016 04/11

Just a reminder to myself.

paper-1141308_640.jpg


最近はエージェント指定のツールを使うことが多くなっていますが、メインはMemsource。

と言ってもまだ使用歴が浅いので(以前はIsometryを使用)、???という点も多々あり・・・

しかし、「Isometryが使いやすかった(-_-メ)」と言ってばかりもいられないので、とりあえずこのままの環境で様子を見ようと思います。

で、その???の1つでもあるTM(翻訳メモリ)について。

作業中に「以前、登録しなかったっけ?」という場面がたびたび出てきた問題点をやっと解決。

Memsourceの日本語サポートはサイトを見る限り簡易な説明しかないので、あくまでも自分で探るしかありません。

そしてようやく「Memsource Community Support」で解決策を発見!

忘れてもすぐ分るようにメモしとこうと思います(^^)


How to reverse translation memories


There are basically two ways to do this.
1. Open the tmx in Notepad, locate "srclang=" in the header and change the language code in the quotation marks, i.e. replace the current source language with the target language that you want to become the source language. Then reimport to Memsource.

2. It is also possible to use a third-party tmx editor, such as Olifant.
Here you need to export the TM as tmx, open the tmx, select the corresponding source and target in the top bar and save. Then reimport to Memsource.


あるいは、エクセルで原文と訳文いちいち入れ替えてTMに追加するか…

まあ、Isometryではそういう面倒くさい問題もなかったんだけどね・・・





ランキングに参加中♪
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へにほんブログ村 ライフスタイルブログ フリーランス生活へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

この記事と関連する記事

Just a reminder to myself.

(0)TB(0)

AFTER「地震で寝れなかった

BEFORE「「登録だけ~」の翻訳会社におさらば

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。